【書評】出口治明さんの「知的生産術」がめっちゃおすすめ!

おすすめ書籍

今回は、出口治明さんの「知的生産術」を読んだらかなり面白かったので皆さんに紹介したいと思います。

 

出口さんは、ライフネット生命の創業者、現在は立命館アジア太平洋大学の学長で70歳を超えてるのにバリバリ仕事をしているすごい人です。

そんなパワーがある方が書いた、この本の中には大切な事がいっぱい詰まってました。

その中でも今回は、僕が1番印象に残っていてすぐに実践しようと思った「人、本、旅」をしよう!という内容についてお話ししていきます。

出口さんは、より良い仕事をするためにはより良い情報と触れる事が大切です。と言ってます。

たくさんの情報を知っていないと良いアウトプットは出来ないからです。

そのために、いろんな人と会って、いろんな本を読んで、いろんな現場に行くという事が大切だよ!という内容です。

最近、生活が1パターンになっていてこの3つなかなか実践出来ていませんでした。

会う人も大体決まってるし、最近本も読まなくなってて、旅行にも行かないし仕事場所も大体同じというルーティン!

情報は、テレビかSNSで調べるみたいな感じです。

こんな生活してても何も面白い事なんて起きないですよね。

せっかくこんな素晴らしい本に出会えたので、早速、実践してたくさん経験して知識を身につけて良いアウトプットが出来るようにしようと思います。

皆さんも是非読んで見てください。

おすすめ書籍
ペートレドットコム
タイトルとURLをコピーしました