適応の原則

スポーツ雑学

トレーニングなどによって体に変化が生じることを「適応」と言います。

適応は、通常よりも高い負荷で体を動かした時に起こります。

高い負荷を初めて受けた時、体は十分に役割を果たせないのですが、負荷を与え続けるとだんだんその負荷に耐えられる体に変化していき、高い負荷でも十分能力を発揮できるようになります。

これを「適応の原則」または「適応の原理」と呼びます。

トレーニングは、体に適応を起こすために行うという事を認識して行いましょう。

スポーツ雑学
ペートレドットコム
タイトルとURLをコピーしました