基礎から始める栄養学。三大機能「各栄養素は体でどんな働きをしているの?」

スポーツ雑学

前回は、栄養学の基礎中の基礎。

五大栄養素とはなんやろかい?

ってお話をさせていただきました。

 

まだ読んでない方はこちらをご確認ください。

体に必要な5つの栄養素

簡単にまとめると、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルは、五大栄養素と言って体を作るための大切な栄養素ですよ。

って話しです。

今回は、五大栄養素は、それぞれどんな働きをしているのか?についてお話したいと思います。

 

基礎から始める栄養学。「三大機能」

五大栄養素は、それぞれ役割がありまして、体を動かす時に使われる栄養素、体を作る時に使われる栄養素、身体の調子を整える時に使われる栄養素の3つに分ける事が出来ます。

それぞれ成分毎の役割を詳しく見ていきましょう。

 

1、体を動かすエネルギー源

体を動かすエネルギー源として炭水化物、タンパク質、脂質が主に使われています。

立ったり、座ったり、歩いたり、走ったり、登ったり、降りたり、泳いだり、する時に必要な栄養素です。

 

2、体を作る・傷を治す

体を作る・傷を治す時には、タンパク質、脂質、ミネラルが主に使われています。

筋肉を付けたり、骨を伸ばしたりするために必要な栄養素です。

 

3、身体の調子を整える

身体の調子を整える時には、ミネラル、ビタミンが主に使われています。

皮膚や粘膜を健康に保ったり、丈夫な骨などを作るために必要な栄養素です。

 

どの成分も健康に生きていくためには欠かせない成分なので、バランスのとれた食事をして、栄養素が枯渇したり、摂取しすぎたりしないようにする事が大切です。

次回は、各栄養素毎に詳しくお話していきたいと思います。

NEXT→炭水化物が含まれている主な食品と働き

 

基礎から始める栄養学まとめ

1、体に必要な5つの栄養素

2、各栄養素は体でどんな働きをしているの?

3、炭水化物が含まれている食品と主な役割

4、主食として最強の食品は!?

タイトルとURLをコピーしました