【心理学】イメージするだけで運動と同じ効果が!?

現在スポーツをしている方や昔していた方など多くの方がイメージトレーニングという言葉を聞いた事があると思います。

今回はイメージトレーニングと身体能力の関係性についてお話していきます。

果たして、イメージトレーニングをする事で運動のパフォーマンスは向上するのか??

 

フリースローの実験

イメージトレーニングをすると運動のパフォーマンスが向上します!

みたいな事は、スポーツをしてる人はもちろん、スポーツをしていない人でも耳にした事があると思うんですが、実際どれぐらいの効果があるのかバスケットのフリースローでの面白い実験を紹介します。

 

実験内容

まず、A、B、C、3つのグループに分けてフリースローのシュート率を出します。

3グループそれぞれ内容を変えて20日間トレーニングを行いました。

A、フリースローの練習を行う

B、フリースローのイメージトレーニングを行う

C、何もしない

 

実験結果

20日間の結果はこうなりました。

A、シュート率24パーセント向上

B、シュート率23パーセント向上

C、何も変わらない

 

実際練習しているチームと変わらない。

って事でこの実験結果からイメージトレーニングは、運動の効果を高めるって事が分かります。

 

イメージトレーニングだけで運動能力は上がるのか?

だったらイメージトレーニングだけしたら良いじゃん!!

って思うかも知れませんが、

期間が長くなると身体能力的な所は、確実に落ちていくので、イメージトレーニングをしながら、トレーニングをしていく事が1番です。

運動をしたくてもなかなか出来る場所が無かったり、仕事で週末したトレーニングをする時間が無い方は、空いた時間に少しでもイメージトレーニングをして良いイメージ作りをしてみてください。

今回は、イメージと運動効果についてでした。

サッカーの世界トップリーグがケーブルテレビで放送されるようになってから、日本のサッカーのレベルが向上した!っていう心理的な面白いデータもあるので、次回、紹介したいと思います。

 

《参考文献》

しなやかで強い心になるメンタルトレーニング

スポーツ雑学
ペートレドットコム
タイトルとURLをコピーしました