【水泳】意識を持ってトレーニングをする重要性

水泳

ゴールデンウィークは、毎年恒例の玉龍合宿!!

今回は、Nb、国分、鹿実、全部で38人で行いました。

合宿でしか出来ないことってなんなんだろう?って事で考えて見たんですが、今月末のインターハイ予選に向けた実践練習中心にいつも以上にじっくり泳ぎや戦略を考えられるような内容で行いました。

何事もそうなんですが、ただやるだけじゃなくて、どうやったら上手くなるんだろう?っていう意識が入らないと絶対上達しません。

皆さんの日常でもそういう場面は、たくさんあって、

例えば、

毎日字を書いてるのに、綺麗に書けない方は、多いのではないでしょうか?

なぜいつまでも綺麗に書けないかというと、綺麗に書こうという意識が入ってないからです。

ずっと字が汚かった人でも、書き方やコツを意識して練習すると字は上手くなります。

車を毎日運転してるけど、いつまでも上達しないって方も結構いるんじゃないでしょうか?

僕も車の運転苦手なんですが、これも常に上手くなる事を意識して運転してないだけで、幅寄せ、駐車のコツなども意識しながら、練習したら確実に上手くなります。

ただやるだけで、上手くなるなら、日常的に毎日やってる事は、みんなプロ級に上手くなってるはずですよね?

でも上手くならないって事は、そこに、意識が入らないと上手くならないって事なんです。

スポーツは、頭が良くないと出来ないってのはそういう事で、常にいろんな事を考えられる選手と考えられない選手は、大きな差が出ます。

自分が速く泳ぐためには、何が必要で、必要な要素を自分のスキルにするためには、どんなトレーニングをした方が良いのか?本当にたくさん考える事はいっぱいあります。

今回参加した選手たちは、1秒でも速く泳ぐために必要な事を常に考えながら、残りの期間トレーニングに励んでもらえたらと思います。

次の試合は、来週の春季大会、月末はインターハイ予選。

残りわずか、

気合い入れて行きましょー!!

タイトルとURLをコピーしました