ペートレNo.106「ロコモ度チェック」

ペートレチャンネル

前回、高齢者に気をつけて欲しいロコモティブシンドロームの話をしました。

ロコモティブシンドロームって体が衰えて、日常生活が、困難になる状態の事で 70歳以上は、95パーセントの人が当てはまるんだとか。

今回のテストで、チェック出来ますので、おじいちゃん、おばあちゃん達とやってみてください♪

ロコモ度テスト

1、40センチの高さの台から片足で立てるか?

片足で立ち上がって3秒キープで、左右、立てたらOK。

立ち上がれなかったら、ロコモ度1。

筋力やバランス力が落ちてるので、ウォーキング、スクワット、フロントランジなどの運動が必要です。

2、10〜40センチの台から両足で立てるか?

バランスを崩さずに両足で立てたらOK。

20センチから立ち上がれなかったら、ロコモ度2。

自立した生活が出来るリスクが高くなってます。

ポイント

膝の痛みや腰の痛みなど出て来たら無理しないようにしましょう。

反動をつけると危ないので、反動をつけずに立ち上がれるようにしましょう。

ロコモ対策のトレーニング

体の衰えは、運動を習慣化すれば、遅らす事が出来るので、近くに散歩に行ったり、スクワットやフロントランジなど、自宅で出来る簡単なトレーニングを行ってみてください。

 

ペートレチャンネル
ペートレドットコム
タイトルとURLをコピーしました