基準を持つ事が結果を出す近道

スポーツ雑学

今シーズンは、ビック3を中心に体作り!

 

そんな水泳部の指導で感じた事。

 

昨日の部活で、水泳のスタート練習中、タイムも計らずにひたすら飛び練習してる生徒がいました。

 

話を聞いてみるとやっぱり何も考えてない。

 

ただなんとなく練習してるだけ。

 

僕は、上達の近道は、1つ基準を持つ事だと考えてます。

 

水泳のスタート練習だったら、

 

まずタイムや距離を計って、1つ基準を持つ。

 

15mで8秒30だったら、そのタイムを基準に、入水角度を変えたり、キックの回数を変えたり、試行錯誤しながら、

 

その中で、1番速いタイムで泳げる方法を探す。

 

見つかった人は、その良い感覚を無意識レベルで出来るようになるまで、反復練習を繰り返す。

 

それがトレーニングで上手くなった事。

 

ただなんとなくしても上達はします。

 

でも、何も基準がなかったらなんで上達したか分からないので、絶対に伸び悩みます。

 

ダイエットでもそうです。

 

トレーニングの内容も決めないで、ただなんとなくトレーニング、ただなんとなく食事制限をしてる人がかなり多いです。

 

それで痩せる事もありますが、

 

痩せても、どのトレーニングで痩せたか分からないので、次何したら良いか分からなくなって、リバウンドに繋がります。

 

皆さんも結果は出したいけど、ただなんとなくやってる事ってありませんか?

 

ちょっとした事で良いので基準を持って日々トレーニングを行ってみてください。

 

きっと今より良い結果が出るはずです。

スポーツ雑学
ペートレドットコム
タイトルとURLをコピーしました